ホルスタイン農場でチーズづくり ~ きた牛舎。北海道美深町は寒いけどあったかい寒暖差日本一のまち。

FrontPage

このページは北海道でチーズを製造する、きた牛舎のWebページです。

ほっこり栗味ラクレットのきた牛舎チーズ販売中です


  • インターネット通販ページをリニューアルしました!(2012.9)
    北海道チーズ通販【きた牛舎】
    http://www.kitagyusya.co.jp/

  • メールでのお問合せ}(2012.1)
    info@kitagyusya.com
  • お知らせ:電話番号とファックス番号が変わりました。(2011.10)
    TEL:01656-8-7633

  • e-mail:
    info@kitagyusya.com
  • ブログ「ちーず新聞」
    http://kitagyusya.wordpress.com/
  • インターネット販売
    http://www.kitagyusya.co.jp/


    わたしたちは、ホルスタインの牛乳で農場製「干し草のチーズ」を製造しています。
    豊かなふるさとづくりのために、冷涼な亜寒帯気候の北海道美深町の自然に由来する原料乳を、「神からの贈りもの」と称される最良の食品、チーズにすることに日々励んでいます。

どさんこのフロンティア精神が息づく乳と蜜あふれる大地の恵みきた牛舎のチーズをお召し上がりください。


画像の説明

子どもにはミルクを 大人にはチーズを

天塩川(てしお)流域にひろがる北海道北部の美深町は、酪農が主産業です。気温年較差日本一の厳しい自然のなかで、人がホルスタインの温もりとともに暮らしています。

  • チーズは、自然由来の良質なたんぱく質(プロテイン)源です。消化吸収がよく、免疫サポート力が高く、骨の健康や体重管理に最適な食品です。
    良質のカルシウム摂取には、若者の頑健な体作りや精神安定、老人の骨粗しょう症や脳梗塞などを防ぐ効果があるとされています。
  • きた牛舎のナチュラルチーズは、美深町の牛乳に、北海道、開港フロンティアの地函館の特許塩「温塩(おんしお)」を加えてつくられていました。(その後、湯の川の源泉閉鎖により、現在は国産の天塩にて代用しています。)

先祖の入植からようやく百年。
魅力あふれるチーズが道産子の日常食になり、北海道が真の酪農王国となれますように

きた牛舎(株式会社北ぎゅう舎)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional